日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
エンパワメント報告書バナー

エンパワメント報告書表紙 高等教育で支援を受けながら大学生活を送る聴覚障害学生が増加する一方、学生が自ら支援の必要性を訴えたり、周囲に働きかけて環境改善を図る経験をしないまま大学等を卒業し、社会に出てから人間関係や情報保障に関して困難を抱えるケースが少なくありません。
 そこでPEPNet-Japanエンパワメント事業では2010年9月に「聴覚障害学生エンパワメント研修会」を開催しました。これは、聴覚障害学生のエンパワメントを後押しするとともに、聴覚障害学生のエンパワメントに必要な要素を検討し、プログラムを開発するために行われたものです。
 本冊子は、当日に行われた様々なプログラムの様子を報告しました。また企画の立て方も詳細に記述し、今後全国の大学で同様の取り組みを実施するときに参考となる内容となっています。ぜひご活用ください。

2012年3月31日発行

<もくじ>
【資料】エンパワメント事業活動紹介ポスター
 はじめに

 聴覚障害学生エンパワメント研修会 概要

 研修①【お互いを知る】
 研修②【ロールモデルに学ぶ(1)】
 交流①【学生交流企画】
 研修③【支援の活用を学ぶ】
  手話通訳の活用
  支援技術
  補聴システム
  支援の依頼
  研修③支援の活用を学ぶ まとめセッション
 研修④【就職に備える】
  模擬面接
  職場での困難
  メール報告
 研修⑤【ロールモデルに学ぶ(2)】
 交流②【筆談飲み会】
 研修⑥【キャリアをデザインする】
  キャリアをデザインする(講演)
  キャリアをデザインする(ワーク・まとめ)
 教職員プログラム
 働く先輩たちのプチ工夫集
  自己紹介
  「連絡はメールでお願いします」
  コミュニケーション
  「見える」化
  会議
  理解啓発
  職場のレイアウト
 【資料】ビジョン達成シート

<発行日>
2012年3月31日

この冊子は無料で配布しております。ご希望の方は、以下の必要事項をお書き添えの上、E-mailかFAXにてPEPNet-Japan事務局にお申込み下さい。

1 大学・団体名 2 担当者氏名 3 担当部署 4 送付先(郵便番号も) 5 連絡先電話番号 6 Eメールアドレス 7 必要部数 8 利用方法(参考までにお聞かせ下さい)

ダウンロードして閲覧することも可能です。
 →PDFファイルダウンロード(211ページ、54.5MB)

表紙・ポスター、前編、後編に分けてのダウンロードは以下から。

執筆者:日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
    エンパワメント事業ワーキンググループ

◎大杉 豊(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 准教授)
  • 管野奈津美(筑波大学大学院)
  • 日下部隆則(富士ゼロックス株式会社・同志社大学 学生支援機構   キャリアセンター 障害学生支援アドバイザー・同志社大学 全学共通 教養教育センター 講師)
  • 河野恵美(立教大学 しょうがい学生支援室 しょうがい学生支援コー ディネーター)
  • 児玉英之(慶應義塾大学大学院)
  • 長野留美子(関東聴覚障害学生サポートセンター)
  • 石野麻衣子(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 特任研 究員)
  • 中島亜紀子(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 特任助 手)

  • ◎は代表、敬称略、肩書きは発行当時

研修会概要プログラム各企画(1日目)
各企画(2日目-1)各企画(2日目-2)各企画(3日目)
参加学生・教職員の3日間の感想/ 報告書/



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学