日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ 各種研修・セミナー 平成28年度北海道地区障がい学生支援教職員研修会 平成28年度沖縄地区障がい学生支援教職員研修会 ワークショップ「聴覚障害学生の意思表明支援とは」 平成27年度沖縄地区障害学生支援教職員研修会 FD/SDセミナー〜遠隔情報保障のこれからを考える〜 東海地区障害学生支援担当教職員研修会 平成25年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援教職員研修会 平成24年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 研修会概要 プログラム 研修① 研修② 研修③ 交流会 研修④ 教職員プログラム 参加学生・教職員の2日間の感想 平成23年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援コーディネーター養成研修会(試行版) 聴覚障害学生支援技術講習会 全国障害学生支援コーディネーター会議及び研修会 ノートテイカー指導者養成講座 ICTを活用したはじめての聴覚障害学生支援―障害学生支援コーディネーター育成FD研修会 聴覚障害学生支援担当者研修セミナー― 大学は、教職員は何をなすべきか?人的サポート・IT支援・情報技術 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築(2)」 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築に向けて」 第8回「聴覚障害者と高等教育」フォーラム NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
2012年度エンパワメント研修会報告バナー

 PEPNet-Japan地域ネットワーク形成支援事業では、聴覚障害学生のエンパワメント及びエンパワメントに必要なプログラムの開発を目的に、2012年10月13日〜14日の1泊2日で、聴覚障害学生エンパワメント研修会を開催しました。本ページでは研修会の様子を報告します。


集合写真 研修会概要
プログラム
研修①
研修②
研修③
交流会
研修④
教職員プログラム
参加学生・教職員の2日間の感想





研修会概要  

【目 的】
 高等教育機関で学ぶ聴覚障害学生の増加にともない、ノートテイク等の情報保障支援を行ったり支援コーディネートにあたる専門職員を配置したりする教育機関は増加しつつあります。その一方で、聴覚障害学生が自ら支援の必要性を大学に訴えたり、支援に関する情報を収集したりする機会は減少傾向にあります。このため、周囲に働きかけて環境改善を図る経験をしないまま大学等を卒業し、社会に出てから人間関係や情報保障支援に関して困難を抱えるケースも少なくありません。
 また、支援を受けてはいても、聴覚障害学生自身が有効な支援の活用方法や自分のニーズを伝える手段等について考える機会はあまり多くないと思われます。
 このような現状を受け、本研修会では、聴覚障害学生のエンパワメントをテーマとした講演、ワークショップ、また、卒業後の自らの姿をイメージしたキャリアデザイン等を実施し、今後の学生生活並びに卒業後の就労時等に活かせる知識や自ら交渉する力等を身に付けてもらうことを目的としました。さらに、聴覚障害学生支援を担当する教職員が集い、情報交換を行うことで、東北地区のネットワーク形成につなげることを目的として、実施しました。

【日 時】
 2012年10月13日(土)〜14日(日)

【会 場】
 国立大学法人 宮城教育大学(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149)

【対 象】
 (1)大学等の高等教育機関に在籍する聴覚障害学生
 (2)聴覚障害学生支援を担当する教職員

【参加者】
 56名(聴覚障害学生21名、教職員5名、講師3名、ブラザー・シスター4名、 1日目見学者3名、実行委員会・関係者20名)

【主催・共催】
 主催:国立大学法人 宮城教育大学
     みやぎDSC
     日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
 共催:東北福祉大学

【実行委員】(敬称略)
藤島省太、菅井裕行、松﨑丈(宮城教育大学 特別支援教育講座)
前原明日香、及川麻衣子、佐藤晴菜(宮城教育大学 しょうがい学生支援室)
高橋明美(みやぎDSC)
伊藤博子、笠岡望(東北福祉大学 障がい学生支援室)
加賀谷衿子、千葉璃沙(宮城教育大学 学生)
大杉豊、白澤麻弓、石野麻衣子、小林洋子、磯田恭子、中島亜紀子、五十嵐依子、大橋弘依(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)

【ブラザー・シスター】(敬称略)
石川友正(株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社 仙台大学卒業生)
佐藤優子(カメイ株式会社 東北福祉大学卒業生)
芳賀裕美(岩手県立一関清明支援学校 東北福祉大学卒業生)
古屋貴恵(山梨県立ろう学校 宮城教育大学大学院修了生)
=====
 ブラザー・シスターとは、参加する聴覚障害学生にロールモデルを提示しながら、グループ内の話し合いや活動をリードする役割を担う聴覚障害のある社会人のことである。今回は、東北地区の大学を卒業後、幅広く活躍する4名からご協力をいただきながら、各企画を進行した。




聴覚障害学生エンパワメント研修会

研修会概要/ プログラム研修①研修②研修③
交流会研修④教職員プログラム参加学生・教職員の2日間の感想


第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学