日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 NEWPEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ 各種研修・セミナー 平成28年度北海道地区障がい学生支援教職員研修会 平成28年度沖縄地区障がい学生支援教職員研修会 ワークショップ「聴覚障害学生の意思表明支援とは」 平成27年度沖縄地区障害学生支援教職員研修会 FD/SDセミナー〜遠隔情報保障のこれからを考える〜 東海地区障害学生支援担当教職員研修会 平成25年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援教職員研修会 平成24年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 研修会概要 プログラム 研修① 研修② 研修③ 交流会 研修④ 教職員プログラム 参加学生・教職員の2日間の感想 平成23年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援コーディネーター養成研修会(試行版) 聴覚障害学生支援技術講習会 全国障害学生支援コーディネーター会議及び研修会 ノートテイカー指導者養成講座 ICTを活用したはじめての聴覚障害学生支援―障害学生支援コーディネーター育成FD研修会 聴覚障害学生支援担当者研修セミナー― 大学は、教職員は何をなすべきか?人的サポート・IT支援・情報技術 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築(2)」 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築に向けて」 第8回「聴覚障害者と高等教育」フォーラム NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
研修② 支援の活用を学ぶ  支援の活用を学ぶ
【支援の依頼】
講師:藤島省太氏(宮城教育大学 特別支援教育講座)
    中島亜紀子氏(筑波技術大学)

ロールプレイの様子
ロールプレイの様子
 スライドを多用する授業スタイルのため、ノートテイクの内容とスライドとの対応が難しく授業の理解に支障が出ている場面を設定し、どのようなことを伝えれば教員からの理解・協力を得られるのか、グループ内での話し合いとロールプレイを通して考えた。
 この研修を通して、参加学生は自分の状況や希望の伝え方、交渉の進め方を学んだほか、「合理的配慮」の考え方が紹介され、大学側・教員と話し合いながらより良い支援を考えていく必要性を学んだ。

参加学生の声
話し合いの様子
話し合いの様子
「健聴者が聴覚障害についてどれくらい理解があるか、私が持っている「常識」が一般社会では通じないことを改めて考えさせられた。どうしたら分かってもらえるのか?を考える良い機会になった」
「もしロールプレイでやったように、同じ状況になったら上手く伝えられる自信がないなと思った。今後、意見等を伝える機会があったら諦めないようにしたいと思う」
「もっと自分のことについて知らねばと思った」
「こういう機会を設けていただいたことで、分かりやすく話をする、相手に理解してもらうように話をする大切さが分かりました」

教職員の声
「他の聴覚障害学生が使っている言葉などを共有することで、自分のスタイルの振り返りになったと思う」


【情報保障】
講師:小林洋子氏(筑波技術大学)

ノートテイクを体験する参加学生
ノートテイクを体験する参加学生
 この研修では、参加学生がノートテイクをする体験を通して支援学生の立場を経験した。また、要約率の異なる手書きノートテイクやパソコンノートテイクの通訳映像を見て、自分の情報保障のニーズに気づき、他者にそのニーズを伝えられることを目指した。
 本企画を通して参加学生は日頃体験しない立場を経験すると同時に、情報保障の難しさと自身の持つニーズを見つめ直すことができた。

参加学生の声
ノートテイクのあり方について議論する参加学生
ノートテイクのあり方について
議論する参加学生
「自らがノートテイクを体験する機会はあまりないので、貴重な体験だったと思う」
「少しながらテイカーさんの大変さ、すごさが改めて分かった。数少ない情報を短い時間で分かりやすく書いてくれるのだと実感できたことが良かった」
「自分のニーズを社会に出た後どうするか、話すことができました」
「私の大学では6mmルーズリーフ+ゲルインキボールペンでのノートテイクだが、他の大学ではA4版の白紙+フェルトペンと、同じノートテイクでもその学校によってスタイルが異なるのが、とても興味深かった」

教職員の声
「ノートテイカーの立場を体験して、学生の意識が変わったように思えた」



聴覚障害学生エンパワメント研修会

研修会概要プログラム研修①/ 研修②/ 研修③
交流会研修④教職員プログラム参加学生・教職員の2日間の感想


第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学