日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
第10回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム

シンポジウムは終了しました。ご参加の皆様、ありがとうございました。
報告書はこちらのページからご覧いただけます。

開催要項


<日程>
 2014年11月9日(日)10時〜17時

<会場>
 つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2-20-3)

<対象>
 全国の大学等で障害学生支援を担当する教職員、及び聴覚障害学生、支援者
 その他高等教育機関における障害学生支援に関心のある方々

<参加費>
 無料

<プログラム>
9:30 受付開始
10:00〜12:00 全体会
 開会式
 主催者挨拶(筑波技術大学大学学長/PEPNet-Japan代表 村上芳則)
 来賓挨拶(文部科学省高等教育局学生・留学生課長 渡辺正美様)
 来賓紹介(日本学生支援機構障害学生支援課長 石塚陽二様
      前筑波技術大学学長 大沼直紀様)
 第10回記念特別企画  「Let's talk about the future−10年を振り返ってこれからの日本を考える」
 企画コーディネーター:白澤麻弓氏(筑波技術大学)
 司会:石原保志氏(筑波技術大学)
 <第1部>
 「海の向こうに行ったら日本が見えた−最前線の支援に学ぶ今後の課題−」
   聴覚障害学生支援の先進国と知られているアメリカ。何がどのように進んでいるのか、国の政策として優れた点、各大学の事例の中で学ぶべき点を挙げ、そこから日本が参考にすべき点と今後の課題について語る。
 講演者:白澤麻弓氏(筑波技術大学)
 <第2部>
 「現在の到達点とこれからの日本−これまでの10年で行ってきたことは?これからの10年でなすべきことは?−」
 第1部を踏まえ、日本における聴覚障害学生支援のこれまでの歩みを振り返るとともに、今後の10年でなすべき課題をテーマとしたいくつかの質問に対し、ファシリテーターを中心に複数人で対談を行う。
 ファシリテーター:白澤麻弓氏(筑波技術大学)
 登壇者:松崎丈氏(宮城教育大学)
     中野聡子氏(広島大学)
     吉川あゆみ氏(関東聴覚障害サポートセンター)
12:00〜14:30 昼食休憩・ランチセッション
 聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト
 聴覚障害学生支援に関する機器展示
 相談コーナー“トーク&トーク”
  ・支援体制に関すること
   アドバイザー:青野透氏(金沢大学)、岩田吉生氏(愛知教育大学)
  ・聴覚障害学生の研究活動に関すること
   アドバイザー:佐藤正幸氏・井上正之氏・大杉豊氏・田中晃氏(筑波技術大学)
          近藤真暉氏(筑波技術大学大学院生)
  ・聴覚障害学生の就労に関すること
   アドバイザー:日下部隆則氏(富士ゼロックスサービスクリエイティブ株式会社)
          渡邉好行氏(筑波技術大学卒業生)、石原保志氏・青山彦聖氏(筑波技術大学)
  ・聴覚障害学生の支援義務に関すること
   アドバイザー:田中啓行氏(早稲田大学障がい学生支援室)、有海順子氏(筑波大学障害学生支援室)
          中津真美氏(東京大学バリアフリー支援室)
 ミニセミナー
  12:20〜12:50
  ・聴覚障害学生への就職指導
   講師:青山彦聖氏(筑波技術大学)
  13:00〜13:30
  ・中途失聴・軽度難聴学生への対応
   講師:佐藤正幸氏(筑波技術大学)
  13:40〜14:10
  ・進歩する情報通信技術をどう生かすか−聴覚障害学生のエンパワメントへ向けて−
   講師:井上正之氏(筑波技術大学)
  14:30〜16:30 分科会(1〜4のうち1つを選択)
 分科会1基礎講座「聴覚障害学生から学び培う教育・支援の取り組み−筑波技術大学における実践を参考に−」
   企画コーディネーター:PEPNet-Japan事務局

 分科会2「支援を受ける立場から支援する立場へ!−ドキュメンタリー映像を通してエンパワメントを考える−」
   企画コーディネーター:大杉豊氏(筑波技術大学)

 分科会3「遠隔情報保障で変わる聴覚障害学生支援」
   企画コーディネーター:中野聡子氏(広島大学)


 分科会4「聴覚障害学生のニーズを引き出す情報保障をめざして−手話通訳者・文字通訳者の取り組みから−」
   企画コーディネーター:吉川あゆみ氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)


16:30〜17:00 全体会
 コンテスト表彰式
 閉会式

チラシを以下からダウンロードできます。
チラシのダウンロードはこちらから
第9回シンポジウムチラシ画像

<情報保障について>
 基本的にすべてのプログラムに手話通訳ならびにパソコンによる文字通訳がついていますが、コンテストを含む参加者同士のコミュニケーションにつきましては各自ご配慮ください。

<昼食について>
 1000円(事前申込み制。飲み物は付きません。料金は当日受付にてお支払いください)

<自家用車での来場について>
 自家用車での来場も可能です。
 つくば国際会議場周辺の駐車場(有料)をご利用ください。詳細は「つくば国際会議場アクセス・駐車場」をご参照ください。上記で紹介されている駐車券は1日626円(税込)を当日受付にて販売します。

<託児の利用について>
 参加者の方でご希望の方には、下記の時間帯に託児サービスを準備することとなりました。つくば国際会議場で保育者をつけて実施いたします。

1月9日(土)10:00〜17:00(つくば国際会議場)
託児の利用を希望される方は、参加申込の際、申込フォームの「その他(要望・問い合わせ)」欄に、託児希望の旨と、お子様の年齢をご記入下さい。必ず事前のお申し込みをお願いいたします。情報交換会の託児につきましてはお問い合わせ下さい。
なお、お子様のお食事は各自ご用意いただくことになりますのでご了承ください。

託児利用のお申し込み締切:2014年10月8日(木)

<主催>
 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
 国立大学法人 筑波技術大学(別ウィンドウが開きます)
<後援>
 文部科学省
 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)

<大会長>
  村上 芳則(筑波技術大学)
<実行委員長>
  石原 保志(筑波技術大学)
<事務局長>
  白澤 麻弓(筑波技術大学)
<幹事>
  萩原 彩子(筑波技術大学)
<実行委員>
  中野 聡子(広島大学)
  吉川 あゆみ(関東聴覚障害学生サポートセンター)
  須藤 正彦・内藤 一郎・及川 力・小林 正幸・佐藤 正幸・松藤 みどり・
  山田 重樹・大杉 豊・河野 純大・磯田 恭子・中島 亜紀子・石野 麻衣子・
  五十嵐 依子(筑波技術大学)


第10回シンポジウムトップ/ 開催要項/ 当日資料・報告書参加者の声
コンテスト開催要項コンテストFAQコンテスト結果発表見学ツアー
第10回記念式典学生情報交換会報告



第12回シンポジウムのお知らせ

第12回シンポジウムを9月8〜9日に茨城県つくば市にて行います。

第12回シンポジウムのページはこちら

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学