日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

第3回日本聴覚障害学生高等教育支援アメリカ視察報告会

日時:平成18年5月14日(日)13時30分〜16時
会場:海洋船舶ビル(東京都港区虎ノ門1-15ー16)
司会:長南浩人氏(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター)

13:30~15:30  『ロチェスター工科大学における聴覚障害学生支援サービス』
           視察概要
              筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 白澤麻弓氏
           「学生・教職員に向けた啓発の取り組み」
              メディア教育開発センター 大倉孝昭氏
           「聴覚障害学生のニーズに基づいた支援サービスの提供
            ―ノートテイク・手話通訳・C-purint―」
              関東聴覚障害学生サポートセンター 吉川あゆみ氏
           「学内支援体制の立ち上げのために」
              群馬大学 金澤貴之氏

15:30~16:00 『アメリカ視察の成果から見た今後の我が国の課題と
           PEPNet-Japanの役割―啓発・情報保障・支援体制構築』
           筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 白澤麻弓氏
           宮城県・仙台市聴覚障害学生情報保障支援センター 松崎 丈氏
           静岡福祉大学  太田晴康氏
           関東聴覚障害学生サポートセンター  倉谷慶子氏

           質疑応答

主催:日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)

視察報告会の様子1 視察報告会の様子2 視察報告会の様子3


当日資料
視察報告会当日資料→当日資料(pdf 2.89Mb)
開催要項
視察報告資料
実践報告資料
参考資料
 「ロチェスター工科大学(RIT)の概要」
 「PEPNet(The Postsecondary Education Programs Network)およびNETACの概要」
 PEPNetパンフレット
 NETACパンフレット
 PEPNet-Japanパンフレット


DEAF DEAF WORLD日本語訳→参考資料(「It's a Deaf,Deaf World」日本語訳))
この資料は、Barbara Ray Holcomb 氏(NTID)によって作成されたシミュレーションゲーム"It's a Deaf Deaf World"のルールブックを、発行元および著者の了解を得て日本語に翻訳したものです(訳者:愛媛大学アカデミックアドバイザー原田美藤)。学内で聴覚障害学生への理解を進めるために開発されたゲームで、大変興味深い内容になっていますので、ぜひご一読下さい。



報告内容(まとめ)
報告会では話されていない内容も含まれています。
アメリカでの聴覚障害学生支援について、さらに詳しくお知りになりたい方はぜひご覧ください。


なお、これらの資料は、大学・短期大学等でご活用いただくことを目的に作成していますので、紙媒体での印刷配布は自由に行っていただいて構いませんが、著作権はPEPNet-Japanに帰属しています。
また、電子媒体での配布や、商用での利用はご遠慮いただきますようお願いします。

※この事業は日本財団の助成により運営されているPEN-International(本部:ロチェスター工科大学 NTID内)の活動の一部です。



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学