日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 NEWPEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ 各種研修・セミナー 平成28年度北海道地区障がい学生支援教職員研修会 平成28年度沖縄地区障がい学生支援教職員研修会 ワークショップ「聴覚障害学生の意思表明支援とは」 平成27年度沖縄地区障害学生支援教職員研修会 FD/SDセミナー〜遠隔情報保障のこれからを考える〜 東海地区障害学生支援担当教職員研修会 平成25年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 研修会概要 プログラム 研修 岼貊錣鵬瓩瓦甲膣屬里海箸鮹里蹐Α」 研修◆峪抉腟蚕僂鯊慮海掘活用方法を学ぼう!」 研修「支援の依頼を体験しよう!」 研修ぁ崔楼茲離螢宗璽垢砲弔い導悗椶!」 研修ァ屮蹇璽襯皀妊襪ら学ぼう!」 夕食・交流会 研修Α屮▲ションプランを作成しよう!」 研修А屮▲ションプランを発表しよう!」 教職員プログラム 2日間の感想 事後課題 ミニ報告書 障害学生支援教職員研修会 平成24年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 平成23年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援コーディネーター養成研修会(試行版) 聴覚障害学生支援技術講習会 全国障害学生支援コーディネーター会議及び研修会 ノートテイカー指導者養成講座 ICTを活用したはじめての聴覚障害学生支援―障害学生支援コーディネーター育成FD研修会 聴覚障害学生支援担当者研修セミナー― 大学は、教職員は何をなすべきか?人的サポート・IT支援・情報技術 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築(2)」 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築に向けて」 第8回「聴覚障害者と高等教育」フォーラム NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生エンパワメント 北海道


PEPNet-Japan(地域ネットワーク形成支援事業)では、聴覚障害学生のエンパワメント及びエンパワメントに必要なプログラムの開発を目的に、2014年2月14日〜15日の1泊2日で、聴覚障害学生エンパワメント研修会を開催しました。本ページでは研修会の様子を報告します。


集合写真 研修会概要
プログラム
研修①「一緒に過ごす仲間のことを知ろう!」
研修②「支援技術を体験し、活用方法を学ぼう!」
研修③「支援の依頼を体験しよう!」
研修④「地域のリソースについて学ぼう!」
研修⑤「ロールモデルから学ぼう!」
夕食・交流会
研修⑥「アクションプランを作成しよう!」
 ・研修⑦「アクションプランを発表しよう!」
教職員プログラム
参加学生・教職員の2日間の感想
ミニ報告書



研修会概要  

【目 的】
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)は、全国の高等教育機関で学ぶ聴覚障害学生支援のために立ち上げられたネットワークで、事務局がおかれている筑波技術大学をはじめ、全国の大学・機関の協力により運営されています。高等教育支援に必要なマテリアルの開発や研修会の開催などを通して、聴覚障害学生支援体制の確立および全国的な支援ネットワークの形成を目指しています。
高等教育機関で学ぶ聴覚障害学生の増加にともない、ノートテイク等の情報保障支援を行ったり支援コーディネートにあたる専門職員を配置したりする教育機関は増加しつつあります。また、障害者差別解消法が平成28年4月から施行されることを受け、大学等においても「合理的配慮」の提供が求めることになり、さらなる支援体制の充実が求められることとなります。
このように支援体制が充実していく一方で、聴覚障害学生が自ら支援の必要性を大学に訴えたり、支援に関する情報を収集したりする機会は少なくなっています。そのため、周囲に働きかけて環境改善を図る経験をしないまま大学等を卒業し、社会に出てから人間関係等に困難を抱えるケースも見受けられます。また、支援を受けているけれども、聴覚障害学生自身がその支援のさらに有効な活用方法や、自分のニーズを伝える手段等について考える機会はあまり多くないと思われます。
こうした現状を受け、本研修会では、聴覚障害学生のエンパワメントをテーマとした講演・ワークショップ等を実施し、今後の学生生活や卒業後に活かせる知識や、自ら周囲と交渉する力等を身に付けてもらうことを目的に開催いたします。
さらに、北海道内の聴覚障害学生支援を担当する教職員が集い、支援に関する情報交換やディスカッションを通じて、障害学生のエンパワメント支援について考えるとともに、北海道地区のネットワーク形成につなげることも目的としています。

【日 時】
 2014年2月14日(金)〜15日(土)

【会 場】
 NTT北海道セミナーセンタ(北海道札幌市中央区南22条西7丁目)

【対 象】
 (1) 北海道内の大学等の高等教育機関に在籍する聴覚障害学生
 (2) PEPNet-Japan連携大学・機関に在籍する聴覚障害学生
 (3)全国の大学等の高等教育機関に在籍する聴覚障害学生
 (4)本研修に参加する学生が在籍する高等教育機関の教職員で、当該学生の引率として同行する方

【参加者】
 53名(学生13名、教職員6名、実行委員7名、その他講師、スタッフ等27名)

【主催】
札幌学院大学
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)

【協力大学】
北海道大学
北星学園大学
北海道情報大学

【協力団体】
公益社団法人 北海道ろうあ連盟
公益社団法人 札幌聴覚障害者協会

【実行委員】
新國三千代(札幌学院大学 人文学部こども発達学科 教授)
藤野友紀(札幌学院大学 人文学部人間科学学科 准教授)
井上寿枝(札幌学院大学 教務課学習支援係(学習支援室))
松田康子(北海道大学 教育学研究院 准教授)
竹下欣吾(北海道大学 学務部学生支援係(学生支援企画担当))
加藤喜久子(北海道情報大学 学習支援センター長・医療情報学部 教授)
媚山敏文(北海道情報大学 学生サポートセンター 事務室長)
木下武徳(北星学園大学 社会福祉学部福祉計画学科 准教授)

三好茂樹、大杉豊、萩原彩子、磯田恭子、石野麻衣子
(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)

【協力】
金原浩之(公益社団法人北海道ろうあ連盟 事務局長)
樋口あやこ(公益社団法人札幌聴覚障害者協会 事務局次長)

【ブラシス(ブラザー・シスター)】
北川朋恵(札幌市清田区役所保健福祉部保健福祉課ろうあ者相談員)
佐藤尚行(公益社団法人札幌聴覚障害者協会 職員)
森 恵子(公益社団法人札幌聴覚障害者協会)
京野大樹(公益社団法人札幌聴覚障害者協会)

※ブラザー・シスターとは、参加する聴覚障害学生にロールモデルを提示しながら、グループ内の話し合いや活動をリードする役割を担う聴覚障害のある社会人のことである。今回は札幌聴覚障害者協会のご紹介のもと、北海道地区聴覚障害者4名にご協力をいただきながら各企画を進行した。



聴覚障害学生エンパワメント研修会
研修会概要/ プログラム研修①研修②研修③研修④
研修⑤夕食・交流会研修⑥、⑦教職員プログラム
参加学生・教職員の2日間の感想事後課題ミニ報告書



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学