日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 NEWPEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ 各種研修・セミナー 平成28年度北海道地区障がい学生支援教職員研修会 平成28年度沖縄地区障がい学生支援教職員研修会 ワークショップ「聴覚障害学生の意思表明支援とは」 平成27年度沖縄地区障害学生支援教職員研修会 FD/SDセミナー〜遠隔情報保障のこれからを考える〜 東海地区障害学生支援担当教職員研修会 平成25年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援教職員研修会 平成24年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 平成23年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援コーディネーター養成研修会(試行版) 聴覚障害学生支援技術講習会 全国障害学生支援コーディネーター会議及び研修会 ノートテイカー指導者養成講座 ICTを活用したはじめての聴覚障害学生支援―障害学生支援コーディネーター育成FD研修会 聴覚障害学生支援担当者研修セミナー― 大学は、教職員は何をなすべきか?人的サポート・IT支援・情報技術 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築(2)」 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築に向けて」 第8回「聴覚障害者と高等教育」フォーラム NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

ワークショップ「聴覚障害学生の意思表明支援とは
―支援担当教職員の役割を中心に―」

更新日平成28年11月24日

ワークショップは終了しました。ありがとうございました。

目的:
平成28年度から障害者差別解消法が施行されたことにより、大学における合理的配慮の提供が義務化しました。そのため、従来聴覚障害学生が入学したことのない、あるいは支援提供の経験がない機関においても、今後何らかの支援提供が拡大していくことが予想されます。
聴覚障害学生への支援の提供においては、本人からの意思表明に基づいて合理性が判断され、関係者の合意の下で実施されることになります。一方で、大学入学以前に支援の乏しい環境で過ごすことの多い聴覚障害学生は、自ら意思表明する機会を奪われていることが少なくありません。それゆえ、本人からの意思表明を促す支援が必要となってきます。しかしながら、大半の支援環境においては、キャンパスライフにおける聴覚障害学生の意思表明プロセスにともなう支援が不十分であり、それゆえ本人が支援の改善を表明して支援を行う段階までに至らないことが課題とされています。
そこで、筑波技術大学に事務局を置く日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)では、聴覚障害学生の意思表明プロセスにおける支援の具体的な取組内容や支援担当教職員の役割について明らかにすることを目的に、モデル事例構築事業「聴覚障害学生の意思表明支援〜支援担当教職員の役割を中心に〜」として、インタビュー調査等を進めてきました。
 本ワークショップは、本事業の一環として、障害学生支援の担当教職員を対象にこれまでの調査内容をもとにした聴覚障害学生の意思表明に関わる2つの事例についてグループディスカッションを行い、聴覚障害学生が意思表明にいたるまでの過程や、彼らへの必要な支援について学びあうことを目的として開催します。

様子写真1 様子写真2








主催
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)

日時
2016年11月3日(木・祝)10:30〜15:00

会場
秋葉原コンベンションホール 5階5C会議室
(東京都千代田区外神田1-18-13 ダイビル5F)

対象者
高等教育機関で聴覚障害学生を含む障害学生への支援業務を担当している教職員

定員
30 人(先着順。定員に達し次第締め切りとします)

参加費
無料

その他
(情報保障)すべてのプログラムに手話通訳、パソコン通訳がつきます。
(昼食)お弁当(お茶付)を1000円でご用意します。ご希望を申込書にご記入ください。

時間 プログラム
10:30
|
10:45

開会式
10:45
|
11:45
基調講演「大学生の援助要請行動のプロセスから考える障害学生支援」
講師:大阪国際大学 学生総合支援部 学生相談室
           木村真人氏(博士(心理学))
11:45
|
12:15
論点整理および質疑応答
(代表質問ならびにフロアからの質問)
12:15
|
13:15
昼食休憩
※注文のお弁当以外の持ち込み飲食はできません。
注文以外の方は近隣の飲食店をご利用ください。
13:15
|
14:45
グループディスカッション
「聴覚障害学生の意思表明を引き出す支援とは」
(いくつかの事例をもとにグループディスカッションを行います)
14:45
|
15:00

総評

申し込み:
下記の参加申込書のデータをダウンロードし、必要事項をご記入の上、申込期間内に下記へ郵便、FAX、E-mail にてお送りください。
申込期間:10月14日(金)〜10月31日(月)17時
※先着順、定員に達し次第締め切りとします。(締切を延長しました)

→ 参加申込書のダウンロード(doc)

→ 開催要項のダウンロード(pdf)

【問い合わせ・申し込み先】
〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)事務局
(担当:中島・萩原)
  電話・FAX:029-858-9438  E-mail requestアットマーク画像pepnet―j.org
  ※迷惑メール防止のため、全角文字、「@」を画像にしています。




日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)平成28年度モデル事例構築事業メンバー
○吉川あゆみ(関東聴覚障害学生サポートセンター)
 有海順子(関東聴覚障害学生サポートセンター)
 甲斐更紗(関東聴覚障害学生サポートセンター)
 益子 徹(関東聴覚障害学生サポートセンター)
 池谷航介(大阪教育大学)
 太田琢磨(愛媛大学)
 木谷 恵(立命館大学)
 松崎 丈(宮城教育大学)

※○は事業代表、事業代表以下五十音順



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学