日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ 各種研修・セミナー 平成28年度北海道地区障がい学生支援教職員研修会 平成28年度沖縄地区障がい学生支援教職員研修会 ワークショップ「聴覚障害学生の意思表明支援とは」 平成27年度沖縄地区障害学生支援教職員研修会 FD/SDセミナー〜遠隔情報保障のこれからを考える〜 東海地区障害学生支援担当教職員研修会 平成25年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援教職員研修会 平成24年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 平成23年度聴覚障害学生エンパワメント研修会 障害学生支援コーディネーター養成研修会(試行版) 聴覚障害学生支援技術講習会 全国障害学生支援コーディネーター会議及び研修会 ノートテイカー指導者養成講座 ICTを活用したはじめての聴覚障害学生支援―障害学生支援コーディネーター育成FD研修会 聴覚障害学生支援担当者研修セミナー― 大学は、教職員は何をなすべきか?人的サポート・IT支援・情報技術 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築(2)」 自主シンポジウム「聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築に向けて」 第8回「聴覚障害者と高等教育」フォーラム NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

―支援体制引き上げ事業―
北海道地区障がい学生支援教職員研修会

本研修会は終了しました。ありがとうございました。

開催要項

目的:
障害者差別解消法の施行に伴い、すべての高等教育機関(以下、大学等)における障害者への不当な差別的取扱いが禁止されるとともに、合理的配慮の提供義務(努力義務)が課せられた。しかし、現在のところ、全国のすべての大学でこのような義務が果たせる状態にはなく、大学間の格差も広がりつつある現状にある。
このため、日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)では、平成28年度より、全国の大学等における聴覚障害学生支援体制の充実や底上げ、格差是正を目指して、支援体制引き上げ事業を実施している。本事業は、1)連携大学・機関間の情報交換を促進し、先進事例の共有を図ることで、パイオニアとしての連携大学・機関の機能をより一層強化していくとともに、2)連携大学・機関が中心となって地域における情報交換を促進し、事例の共有や合理的配慮に関する共通認識の形成・拡大を進めるものである。同時に、3)現在、筑波技術大学(T-TAC)にて実施している相談・支援機能をPEPNet-Japan全体に広げていくことで、全国の大学に対してよりきめ細かな相談・支援を提供できる体制の構築を目指している。
本事業は2)を目的に、主に北海道地区の大学等を対象として、PEPNet-Japan連携大学の札幌学院大学とともに実施するものである。

主催
 札幌学院大学
 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)

日時
 2017年2月27日(月)1300〜16:00

会場
 札幌学院大学 B館 2階201室
  (北海道江別市文京台11番地)

対象者
 北海道地区で学生相談担当者並びに障害学生支援を担当する教職員
 その他関心のある方
参加費
 無料

<プログラム>
1. 開会挨拶 13時〜13時10分
2. 講演    13時10分〜14時20分
「障害者差別解消法の施行に伴う学内支援体制の整備と合理的配慮に基づく障害学生支援のあり方」
  講師:京都大学 障害学生支援ルーム 村田淳氏
※講演後、関係者による情報交換会を行う。


第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学