日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
第2回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム

シンポジウム全体会の様子11月18日、日本福祉大学名古屋キャンパスにて第2回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムを開催しました。このシンポジウムは、PEPNet-Japanが毎年1回開催しているもので、我々の活動の成果を全国の高等教育機関に向けて発信するとともに、より充実した聴覚障害学生支援を求めて議論を行うものです。

シンポジウム全体会の様子2回目となった今年は、聴覚障害学生の支援に携わる大学教職員や聴覚障害当事者を中心に、約170名の参加があり、昨年にも増して活気あふれる議論が繰り広げられました。特に、アメリカからのゲストを交えた対談では、アメリカ北東部の聴覚障害学生支援ネットワーク(NETAC)の取り組みをもとに、今後我が国で求められる支援体制のあり方について考えさせられました。また、引き続き行われたパネルディスカッションでは、聴覚障害学生支援コーディネーターの立場と業務の内容について、将来的に目指すべき方向を含めて議論を重ねることができたのではないかと思います。

日本福祉大学 会場入口また、記念すべき第2回目の大会を、全国の大学に先駆けて障害学生を受け入れ、支援を続けてきた日本福祉大学を会場として開催できたことも、我々としては大きな喜びです。本大会の開催にあたって多大なる支援をいただいた日本福祉大学の皆様、講師等の派遣をいただいた連携大学・機関の皆様、そして参加してくださったすべての皆様にこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

2006年11月吉日
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)事務局

基礎講座 話題提供者

【基礎講座】

聴覚障害学生への支援をはじめてまもない大学職員を対象として、開催された基礎講座の様子。後半はグループに分かれ参加者同士の情報交換を行った。

分科会〜慣

【分科会】

分科会,任聾什濕舂となっている手書きノートテイクの次に検討していくべき課題について、分科会△任篭軌の配慮のあり方と聴覚障害学生の想いについて取り上げた。

資料展示の様子

【資料展示】

会場には、PEPNet-Japan連携大学・機関を中心とする各大学の取り組みの様子がパネルで展示された。

対談の様子

【対 談】

アメリカ北東地区テクニカルアシスタントセンター(NETAC)にて他大学への支援を行っている2人のコーディネーターをお招きして詳しいお話を伺った。

パネルディスカッション

【パネルディスカッション】

パネルディスカッションでは、聴覚障害学生支援コーディネーターに関する全国的状況や現在抱えている業務の内容、将来的に目指すべきコーディネーター像について話題提供をいただき、これに基づいて熱心な議論が行われた。

閉会式(大泉実行委員長)

【閉会式】

聴覚障害学生支援にまつわる自らの体験を交え、閉会の挨拶を語られた大泉実行委員長。今回の大会を日本福祉大学で開催できたことに感激の意を表してくださった。


分科会で読み取りをする手話通訳者全体会の文字通訳者

【情報保障】

本大会では総勢20名の情報保障者に協力をいただいた。左は分科会で読み取り通訳をする手話通訳者、右が全体会における文字通訳者。

海外からのゲストと日英通訳者話題提供者用モニタ右は海外からのゲストと日英通訳者。奥には日本福祉大学の留学生にお手伝いいただいて実現した韓国語通訳も。左は壇上の話題提供者に向けて設置された情報保障モニタ(左から文字通訳、手話通訳、パワーポイントが表示されている)。

開催要項プログラム基礎講座分科会分科会対談企画パネルディスカッション参加者の声当日資料



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学