日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

第2回 日本聴覚障害者高等教育支援アメリカ視察

視察概要


目的

米国の聴覚障害学生サポートプログラムの視察を通して、我が国におけるよりよい聴覚障害学生支援体制について検討する。

期間

2005年3月13日(日)〜3月24日(木)
 →詳細な日程表(PDF)はこちら(English: Itinerary)

派遣地

ニューヨーク州ロチェスター市、ニューヨーク市

視察内容

ロチェスター工科大学(RIT)における聴覚障害学生サポートプログラム、国立聾工科大学(NTID)内の通訳者養成プログラム、北東地区テクニカルアシスタントセンター(NETAC)が管轄するニューヨークサイト、NETACによって支援を受けている各種大学等の視察

参加者:

筑波技術大学教職員・連携大学教職員他(10名)

  根本匡文氏(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター教授)
  三好茂樹氏(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター助教授)
  白澤麻弓氏(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター助手)
  菊池真里氏(群馬大学大学院生)
  松崎 丈 氏(宮城県・仙台市聴覚障害学生情報保障支援センター代表)
  茂木京子氏(群馬大学教育学部技術補佐員)
  倉谷慶子氏(関東聴覚障害学生サポートセンターコーディネーター)
  藤井克美氏(日本福祉大学社会福祉学部障害学生支援センター教授)
  岩田 喬 氏(同志社大学学生支援センター課長)
  平井利明氏(静岡福祉大学福祉情報学科教授)

手話通訳者(2名)(関東聴覚障害学生サポートセンター協力)
日本語−英語通訳(2名)(現地にて)

オブザーバー
  石井靖乃氏 (日本財団国際協力グループ)



参考になるページ

第2回アメリカ視察の報告会が「第8回聴覚障害者と高等教育フォーラム」内で開催されました。

写真:視察報告会の様子

 → 「第8回聴覚障害者と高等教育フォーラム」
   報告ページはこちらから




第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学