日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

Q 国立大学では、聴覚障害学生支援に関わる予算的な補助はどのようになっていますか?(平成24年度以降)


国立大学への障害学生支援のための補助金については、この数年で大幅な制度の変更がありました。

平成23年度までは、運営費交付金の特別教育研究経費(教育基盤強化支援経費;特別7)という項目で、学生の人数に応じた予算配分がなされていました。(教育支援分として、その年度に在学している聴覚障害学生一人あたり300,000円、設備充当分として、その年度に入学した聴覚障害学生一人あたり300,000円)
 平成24年度からは、障害学生支援はすべての大学が取り組むべき課題であるとの考え方から、障害学生に関わる予算は「一般経費」に組み替えられました。この見直しは前述の私立大学の補助金と同様の考え方によるものです。

交付される額は、平成23年度時点の交付額×0.9(千円単位未満四捨五入)となり、この額が24年度以降、毎年恒常的に交付されることになりました。したがって、24年度からは年ごとの障害学生数の調査もなくなっています。大学によっては、「23年度時点でたまたま障害学生数が少なく、その後多数受け入れたために予算が足りない」という事態が起きるかもしれません。しかし、上述のとおり障害学生支援はすべての大学が取り組むべきものと考えれば、交付金の有無や額に関係なく、学内で必要な予算措置を行い、支援体制を整えることが求められているのです。

 こうした体制整備重視の方針に基づき、平成24年度からは一般経費の中に「障害者向け情報発信促進等経費」という項目が新設されました。これは、各大学における障害者の受入れ体制や相談対応体制の充実に関わる教員を配置するための必要経費を措置するもので、具体的には下記のすべての条件を満たせば教員1名分の経費が交付されます。

‐祿欧里△覲慇犬料蠱未篁抉腓鮹甘する部署を設置している
⊂鏘个龍軌を1名以上配置している
常勤の職員を1名以上配置している、又は、非常勤の教員及び非常勤の職員を2名以上配置している

 この措置は平成24年度に初めて各大学に調査が行われ、該当する大学にはそれ以降毎年経費が措置されます。状況調査は平成25年度も行われており、毎年実態に応じ、予算措置が講じられる見込みです。

(2013/8/1更新)


参考になる資料

障害学生支援の財源については、以下のTipSheetに概要がまとめられています。

チップシート財源1チップシート財源2

障害学生支援の財源について ⑰

金澤貴之 
 1.公的な財源
 2.支援体制の立ち上げに必要なこと
 3.個人予算を充当することの是非
 4.競争的研究資金の活用
 5.おわりに
→ダウンロード(pdf)


第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学