日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 NEWPEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり NEW遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

Q 大学入学時の聴覚障害学生の心理的な状況はどのようなものですか?

現時点では、大学に入ってはじめてサポートを受ける聴覚障害学生が大半ですので、未知の経験に対する戸惑いが大きく、最初からスムーズに支援に入っていける学生はまれです。
また、サポートを受けて授業を理解できるようになる半面で、サポートによって自分の障害とも向き合わざるを得ませんので、心理的葛藤を避けられません。
一年生の時から「自分は聴覚障害がありますのでサポートをお願いします」と意思表明する学生は少数ですし、ましてや「読みにくいからもっと大きな文字にして」「この講義には手話通訳を、あの講義にはパソコン通訳を」と注文する学生は珍しいでしょう。時には勉学が手につかなかったり、それまでの生き方を疑ったりするほどの心理的負担を感じることさえあります。

つまり、授業がわからなくて困っているとはいえ、嬉々とサポートを受ける学生ばかりではないのです。はじめは喜ばれたサポートも時間とともにだんだん要求がレベルアップしていきがちです。
必要と思って行なったサポートが必ずしも喜ばれるわけではないところに、サポートの難しさがあると言えるでしょう。

一方で、この時期に良質なサポートを受けることが、聴覚障害学生の精神的成長においてきわめて大切になることも事実です。
サポート利用上のルールを守らない、手話以外のコミュニケーション手段を拒むなど、反発的な態度に出会う例も少なからずありますが、そこでの見守りや働きかけが、聴覚障害学生のまわりへの信頼感をかろうじてつないでいくとも言えます。

TipSheet「聴覚障害学生の心理的支援」吉川あゆみより
(2007/11/30)


参考になる資料
聴覚障害学生の心理的支援については、以下のTipSheetに概要がまとめられています。
チップシート心理的支援1チップシート心理的支援2
TipSheet「聴覚障害学生の心理的支援 ⑱」
吉川あゆみ(関東聴覚障害学生サポートセンター)

 さまざまな聴覚障害学生
 支援がもたらす心理的葛藤
 心理的葛藤から主体性形成へ
 各段階に応じた支援
 全段階を通じての支援
→ダウンロード(pdf)



>>「聴覚障害学生支援FAQ」トップに戻る


第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学