日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり NEW遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

まず知ってほしい基礎知識
 1.聴覚障害


ひとくちに「聴覚障害」といっても、その程度はまちまちです。大学に支援を求めてくる学生の中でも、ほとんど音が聞こえない状態の学生から、少しは言葉が聞き取れる学生、1対1のコミュニケーションであればあまり不便を感じない学生まで、幅広い状況にあると思ってよいでしょう。 聴覚障害の程度は、普通、デシベル[dB]という単位を用いて表します。デシベルというのは、音の大きさを表す単位です。正常な聴力を持っている成人が聞き取ることのできる、最も小さな音の平均が0デシベルと定められており、数字が大きくなればなるほど大きな音を表す形になっています。

私たちの身のまわりの音と、デシベルの数値は、だいたい下の表のように表されます。ここから、たとえば聴覚障害の程度が90dBといった場合、耳元での大きな声がやっと感じ取れる程度の聴力であることがわかります。

聴覚障害の程度表

ただし、聴力レベルが同じであれば、だいたい同じように聞こえているかというとそうではありません。聴覚障害には大きく分けて、音が小さく伝わる「伝音性難聴」と、音にひずみやゆがみが生じてしまう「感音性難聴」の二つの種類があります。このうち特に後者の場合には、ひずみやゆがみの程度が学生によってさまざまで、聴力レベルだけで聞こえの状況を推し量ることは非常に難しいのです。

Q

補聴器をつければ聞こえるのでしょうか?

補聴器というのは、音を増幅する機械で、ちょうどマイクに入ってきた音がアンプで増幅され、スピーカーから出てくるのと同じ原理を用いて作られています。そのため、音が小さく伝わるタイプの聴覚障害学生には有効であることが多いですが、音のひずみやゆがみを感じている学生の場合、いくら音を大きくしてもクリアに聞こえるようになるワケではありません。
補聴器を通して聞こえてくる音の状況は、学生によってまったく異なるので、一概にこうということはできませんが、「補聴器は音の存在に気づくための道具、言葉を聞き分けられるワケではない」と指摘する学生も多いということは押さえておいた方がよいでしょう。

Q

発音が明瞭な学生はよく聞こえているのですか?

聴覚障害学生の多くが、幼少期からの訓練によって発声発語の方法を身につけています。中には非常に明瞭な発音で話す学生もいますが、だからといって同じ程度に明瞭な音が耳に届いているかというとそうとも限りません。一般に聴力レベルの軽い学生の場合は、発音も明瞭なことが多いですが、聴力が重くても明瞭な発音を身につけている学生もいるので、発音の明瞭度と聴力の程度を安易に結びつけてしまわないよう注意が必要です。

Q

「難聴」の学生は「ろう」の学生より聴力が軽いのでしょうか?

一般的に聴力の損失の程度が軽い状態を「難聴」、重い状態を「ろう」と言うことがあります。医学的にもこのような使い分けはされていますが、聴覚障害学生が「難聴」または「ろう」といった場合に、必ずしも聴力の程度を反映しているとは限りません。
かなり聴力の重い学生であっても、「ろう」という言葉を使わずに、「重度難聴」という言い方をしたり、逆に聴力は軽いけれども自分はろう者という手話を用いるコミュニティに属しているという思いから「ろう」という言葉を使う学生もいます。



参考になるTipSheet

チップシート聴覚障害1チップシート聴覚障害2 聴覚障害 大沼直紀
 聞こえのしくみと難聴
 →ダウンロード(pdf)



→ このページの先頭に戻る
→ 「はじめての聴覚障害学生支援」メニューに戻る



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学