日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり NEW遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

事例1 早稲田大学の例
 1.早稲田大学の支援状況


(1)早稲田大学障がい学生支援室とは

早稲田大学に在籍する身体障がい学生(聴覚障害・視覚障害・肢体障害)を全学的に支援するために2006年3月に設置されました。3名の障がい学生支援コーディネーターがいます。
聴覚障がい学生支援に関しては、支援室が募集・養成・コーディネート・フォローを行い、教員との連絡等は各学部を通して行っています。
早稲田大学障がい学生支援室のサイト画面→早稲田大学障がい学生支援室のサイトへ

(2)聴覚障害学生の状況

2006年現在6名の聴覚障がい学生が、支援室からのサービスを受けています。
学生は、授業形態など各自の状況に応じて、ノートテイク(通訳)、ノートテイク(記録)、手話通訳の中から適切なサービスを利用しています。また、それぞれの支援サービスを併用することも可能です。

それぞれの学生は、授業形態等にあわせて支援方法を組み合わせて講義に参加しています。
通常のノートテイクと違い、普通のノートのようにポイントを絞って書く「NT(記録)」の需要も多くあります。

 手話通訳  手話通訳
 +NT(記録)
    NT  NT(記録)
 学生A     ○     ○     ○     ○
 学生B         ○  
 学生C         ○     ○
 学生D         ○  
 学生E     ○      
 学生F     ○     ○    
(2006年12月現在)

(3)支援者の状況

    人数    合計  実稼働率※
 ノートテイカー(学内者)     82名     −    73%
 ノートテイカー(学外者)      7名    89名    67%
 手話通訳者(学内者)      4名     −    75%
 手話通訳者(学外者)     12名
(手話通訳士8名)
   16名    78%
※2006年度前期のみで集計
   (2006年12月現在)


用語説明

NT(記録)
1人の支援者が普通のノートのようにキーワードや概念、ポイントを絞って書く方法。一般的なノートテイクのように通訳としてリアルタイムに行うものではない。「聞く」ことに集中したい難聴の学生や、手話通訳を利用するためにノートが取れない学生にとって大きな効果がある。離れて座り、授業後に記録したノートを渡すこともある。
(例)
早稲田大学ノートテイク(記録)例 →クリックで拡大


→ このページの先頭に戻る
→ 「はじめての聴覚障害学生支援」メニューに戻る



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学