日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり NEW遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

Q ノートテイクや手話通訳の謝礼金はどのように決めたらいいですか?

ノートテイカーへの謝礼金の額は、各大学で基準が決められています。大学内の短期雇用の基準に則って、1コマあたりの謝金を決めている大学が多いようです。
筑波技術大学障害者高等教育センターが2005年に行った「聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査」によると、調査に回答した大学の約60%がノートテイカーに謝金を支給しており、その額はおおむね時給800円〜1500円程度(平均1000円程度)となっています。
一部の大学では、学生と学外のノートテイカーとで差を設けているところもあるようです。

ノートテイカーの謝礼金を1000円(時給)とした場合、1授業に2人派遣すれば、1週間当たりに必要となる謝金費用は 1000円×2人×1.5時間×履修科目数 となります。

手話通訳の場合、各都道府県や各市町村に手話通訳の派遣を行っているセンターがあります。そういった地域の派遣センターに、大学から手話通訳を依頼した場合にかかる費用は、地域により基準に差がありますが、1時間1人の派遣あたり1500〜3000円が平均的な数字のようです。
一例として、東京都では、2時間まで8000円(その後1時間延長ごとに+3000円)、京都府では1時間4000円となっています。
詳しくは、各地域の派遣センターに問い合わせ、確認してみてください。


参考になる資料

障害学生支援の費用については、以下のTipSheetに概要がまとめられています。

チップシート財源1チップシート財源2

障害学生支援の財源について ⑰

金澤貴之 
 1.公的な財源
 2.支援体制の立ち上げに必要なこと
 3.個人予算を充当することの是非
 4.競争的研究資金の活用
 5.おわりに
→ダウンロード(pdf)

 

以下の全国調査の中で、情報保障支援に対する謝礼の状況が報告されています。

白澤麻弓(2005)聴覚障害学生に対するサポート体制についての全国調査


全国調査報告全国調査報告2
筑波技術大学障害者高等教育研究支援センターおよびPEPNet-Japanの協力で実施した調査。全国約1200校の大学・短期大学を対象に行われており、聴覚障害学生学生に対する支援体制の実態を詳細に明らかにしている。
→ダウンロード(pdf)
→調査の報告サイトはこちら


手話通訳にかかる費用については、こちらの書籍に資料が掲載されています。

全国手話通訳問題研究会(2001)手話通訳がわかる本.中央法規出版


手話通訳がわかる本
→この書籍の詳細はこちら



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学