日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 NEWPEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり 遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 エンパワメントとは? 1.お互いを知る 2.支援の活用 3.就職レディネス 4.キャリアデザイン 研修プログラムの例 コラム プチ工夫集 社会で活躍する先輩達 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 NEW情報配信サービス 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

【エンパワメント支援の実践例】


3. 就職レディネス

教えて!先輩「ロールモデルに学ぶ-1」(事前課題)

 教えて!先輩「ロールモデルに学ぶ-1」では、聴覚障害のある先輩社会人の話を聞き、自分が抱える不安や疑問をクロストークで質問します。しかし、働いた経験のない学生にとってはイメージが沸かず、当日に突然質問を考えることは難しいと思います。
 そこで、あらかじめ自分の中で「働く」ことに対するイメージを作ってもらうことで、プログラムに参加する前の心の準備をしてもらうと、当日をより有意義な時間とすることができます。そのための課題が「事前課題」です。
 事前課題は研修会1ヶ月以上前に参加者に送付、1週間前には事務局に提出してもらい、あらかじめ講師やブラシスと共有できると良いでしょう。
 事前課題の内容は、例えば以下のような内容が考えられます。 


【例1:筑波技術大学の例】


 筑波技術大学で実施した際は、学生向けの事前課題と、これをベースに講師への質問を作成した。講師向けの課題は回答を当日掲示し、学生が参考に見られるようにした。
<学生向け事前課題>
「あなたは、ずっと希望していた仕事につくことができました。明日が初出勤です」
上記の想定で、以下の5つの質問に答えてください。


その際、以下の点に留意してください。
ゞ饌療なエピソードを交えて、初対面の人にもよくわかるように説明してください。
∧源数の指定はありません。
1.これから職場でのコミュニケーションで困難を感じるとしたら、どんなときだと思いますか?そのときどう対処しようと思いますか?
2.仕事をする上で一番大切だと思うことは何ですか?
3.仕事をする上で、大学時代の経験が役に立つとしたらそれはどんなことですか?


<講師への質問>
1.職場でのコミュニケーションで困難を感じるのは、どんなときですか?そのときどう対処していますか?
2.仕事をする上で一番大切なことは何ですか?
3.仕事をする上で、役に立っている大学時代の経験は何ですか?


【例2:宮城教育大学の例】


 宮城教育大学での実施例では、学生がよりイメージしやすいよう、質問文に工夫を加えた。
 自分が卒業後「働く」ということを考えた上で、以下の4つの質問に答えて下さい。
その際、以下の点に留意してください。
●具体的な例を交えて、初対面の人にもよくわかるように説明して下さい。
●文字数の指定はありません。

1.仕事をする上で一番大切だと思うことは何ですか?
2.いま送っている大学生活(授業内容も含めて)の中で、仕事をする上で役に立つと思うことはどんなことですか?
3. 仕事をする上で、自分のどんな面を活かせると思いますか?また、逆に活かせない面
(不利になる面)はどんなものですか?
4.具体的に職場でのコミュニケーションを考えるとき、今の自分ではどんな場面で困難を感じると思いますか?そして、どのように対処するか明確なイメージがあれば書いて下さい。


【例3:札幌学院大学の例 or 北海道地区の例】


 北海道地区での研修会の際には、聴覚障害学生のエンパワメントをテーマにしたDVD『Access! 聴覚障害学生支援てГ澆世修Α社会への「道」』をあらかじめ視聴し、これをもとにした課題に取り組むこととした。映像として見られることで、より就職活動や働くことのイメージをしやすくなったと思われる。
 DVDのページはこちら。
課題DVD『Access! 聴覚障害学生支援てГ澆世修Α社会への「道」』を見て、自分が卒業後「働く」ことを考えた上で、以下の質問に答えて下さい。具体的な例を交えて、初対面の人にもよくわかるように説明しましょう。

1.DVD21:55〜25:40 就職1年目の彩乃は、部長の指示が読み取れず、締切までに仕事ができませんでした。同じ失敗を繰り返さないために、あなたなら今後どうしますか?
2.DVD0:00〜3:30、32:03〜34:36、42:49〜44:50 就職活動中の真由子は、ドラマの終盤で自分のやりたい仕事を見つけました。あなたは卒業後どのような仕事に就きたいですか?その仕事で何がしたいですか?
3.DVD47:59〜48:35 森さんは最後のインタビューで「いつかチャンスがきた時に自分のものにできるように、学生のうちに準備してほしい」と答えています。あなたなら今から何を準備しますか?DVDを見て学んだことも合わせて考えましょう。

指導教材

→ 教えて!先輩「ロールモデルに学ぶ-1」(事前課題)/指導教材へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→ エンパワメント支援の実践例/「就職レディネス」メニューに戻る



会員募集中!

PEPNet-Japanは、平成30年度より新しい体制に生まれ変わることになりました。あわせて、メーリングリストも再編を行っています。
詳細は以下よりご確認ください。

新体制について
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学