日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
聴覚障害学生支援MAP PEPなび
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

エンパワメントに向けた事例集

3. 就職レディネス

活用しよう!「地域のリソース」実践例

 本報告は、2013年にPEPNet-Japanが実施した「聴覚障害学生のエンパワメントモデル研修会」の実践報告を元に作成しています。参考事例としてご覧ください。

役割


人数 背景
司会 1名 実行委員で、当企画担当者
講師 1名 聴覚障害当事者。地域でろうあ者相談員を務め、かつ、地域の聴覚障害者団体理事であり、地域の聴覚障害者福祉に精通している。

講演内容

 講師は、地域のろうあ者相談員として働く傍ら、札幌の聴覚障害者団体の理事も務めている。ご自身はかつて北海道内の大学に入学したが、当初情報保障はなく、自ら学内体制を確立した経験を持っている。その時に様々な人や団体とつながり、相談し、自ら動いた経験から、地域のリソース(社会的資源)に臆せず飛び込んで行くことの大切さをお話いただいた。 (詳細は、本企画での講演内容を再構成した「聴覚障害学生のエンパワメント事例集 先輩達へのインタビュー 福島太郎氏」を参考にされたい)

質疑応答

 講演後、短時間ではあったが質疑応答が行われた。学生からは、
「実習にノートテイクを付けたいが、人材の問題、金銭的な問題があり、実現できていない。これらの問題は一人では解決できず、困っている。どのように情報を集めればよいか」という質問がなされた。福島氏は、他の大学の聴覚障害学生で、実習に情報保障をつけている学生に相談してみると良いのではないかとアドバイスした。

まとめ

 本講演は、企画段階の実行委員会で、地域の聴覚障害をもつ先輩とつながる機会を作りたい、どのような社会資源があるのかを学んでほしいという声があがり実現したものだった。聴覚障害者にとって、地域のリソースを知り、アクセスし、積極的に活用することは、在学中にも社会に出てからも大切なことである。それは、福島氏の講演にもあるように、何か悩みや課題が出てきたときに、他者に相談したり情報を求めたりすることが解決の突破口になりうるからである。大学外での交流の少ない聴覚障害学生にとっては、今回の講演で初めて聞く団体、機関も多かったのではないだろうか。今後、学生たちが必要な時に地域の社会資源を思い出し、主体的に活用し、より豊かな学生生活、社会人生活を送ってくれることを期待したい。







→ エンパワメント支援の実践例/「4.キャリアデザイン」へ


↑ このページの先頭に戻る
→ 「聴覚障害学生のエンパワメント」メニューに戻る
→ 研修の例/活用しよう!「地域のリソース」に戻る



新体制がスタートします!

PEPNet-Japanは、平成30年度より新しい体制に生まれ変わることになりました。あわせて、メーリングリストも再編を行います。
詳細は以下よりご確認ください。

新体制について
新着情報
サイトポリシー
Copyright (C) 2005-2018 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、筑波技術大学「聴覚障害学生支援・大学間コラボレーションスキーム構築事業」の活動の一部です。

筑波技術大学