日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

聴覚障害学生のエンパワメント事例集


写真:エンパワメント研修会の様子1写真:エンパワメント研修会の様子2写真:エンパワメント研修会の様子3

更新日2016年6月28日

 聴覚障害学生を取り巻く高等教育環境においては、もっとも効果的な情報保障のあり方がさまざまな側面から追求される必要があります。これまで、聴覚障害学生支援の取り組みの中では、そのための基本的な概念や具体的な方法が議論され、また実践されてきました。しかし最近では、こうした支援の方法を検討するのみでなく、情報保障を受ける中で聴覚障害学生自身が主体性と社会性を身につけていく必要があることが指摘されはじめ、こうしたプロセス自体についても教育的支援の対象として捉える考え方が生まれてきています。これには、情報保障の対象である聴覚障害学生自身が情報保障の取り組みに積極的に参加したり、またより効果的な支援方法を提案したりすることで、情報保障支援の取り組み全体が活性化されていくのではないかとの期待感もこめられています。

 ここでは、聴覚障害学生の主体性・社会性を引き出し、育てていく取り組みを「エンパワメント支援」(※)ととらえることとし、「エンパワメント」の基本的な概念や大学で取り組むことのできるさまざまな実践について紹介します。

当コンテンツを利用されましたら、ぜひ、PEPNet-Japan事務局まで感想をお寄せください。今後の参考にさせていただきます。
事務局のメールアドレスはこちらに記載しております。

エンパワメントとは?
 聴覚障害学生の成長を考える上で重要なエンパワメントとは、一体どのような概念なのでしょうか?ここでは、エンパワメントの概念と主体性・社会性との関連について説明しています。

【エンパワメントの概念】

   概念
   主体性とエンパワメント
   社会性とエンパワメント
   座談会

エンパワメントに向けた事例集
 聴覚障害学生のエンパワメントをうながすために、大学ではどんな取り組みができるのでしょうか?ここでは、PEPNet-Japanで行ってきた聴覚障害学生のエンパワメント研修会の事例を元に、エンパワメント支援の実践例を紹介します。

【エンパワメント支援の実践例】

1.お互いを知る

   まずはここから!「他己紹介」
   みんなの知恵で芸術作品を!「写真撮影」
   サバイバル!「救命ボード」
   ドキドキ!「アマゾン川を渡ろう」

2.支援の活用

   ニーズを伝えよう!「手話通訳」
   ニーズを伝えよう!「パソコンノートテイク」NEW
   機器を使った「支援技術」
   支援者を体験!「ノートテイク・パソコンノートテイク」NEW
   学んでみよう「補聴システム」
   チャレンジ!「支援の依頼」 
   まとめセッション

3.就職レディネス

   緊張の時!「模擬面接」
   体験しよう!「職場での困難」
   どう説明する!「職場でのニーズ」NEW
   文字で伝える!「メール報告」
   教えて!先輩「ロールモデルに学ぶ-1」
   教えて!先輩「ロールモデルに学ぶ-1」(事前課題)NEW
   私たちの将来は?「ロールモデルに学ぶ-2」
   活用しよう!「地域のリソース」NEW

4.キャリアデザイン

   30歳の自分は?「キャリアデザインワーク」
   実践しよう!「事後課題」NEW

【研修プログラムの例】

 各大学で取り組まれる場合は、聴覚障害学生の実態やニーズ等に応じ、実践例から必要な取組を取り出して組み合わせたりアレンジしてください。
 例えば、幅広いテーマでエンパワメントを実施したい場合は筑波技術大学のプログラムが参考になりますし、支援の活用を中心に学び、かつ自らのキャリアを考える機会を作りたい場合は宮城教育大学の研修プログラムが参考になります。
   実践例1:筑波技術大学
   実践例2:宮城教育大学
   実践例3:北海道地区NEW

【コラム】

   聴覚障害者にとっての電話
   筆談交流会

  
各企画ページ下部には、さまざまな資料を掲載しています。
指導計画 [指導計画]
教室の配置や展開が詳細に書かれています。
指導教材 [指導教材]
パワーポイントや配付資料が掲載されています。
実践の様子[実践の様子]
研修会で実施した時の様子を報告しています。

プチ工夫集
 社会で活躍する先輩達は、周囲の人々に聴覚障害に関する理解をうながすために、日々小さな工夫を積み重ねながら働いています。ここでは、そんな工夫を収集し、場面ごとに整理してみました。

【先輩達の工夫集】

   自己紹介
   「連絡はメールでお願いします!」
   コミュニケーション
   「見える」化
   会議
   懇親会
   その他

社会で活躍する先輩たち
 大学を卒業後、社会で働く先輩達はどんなことを考えながら日々暮らしているのでしょうか?ここでは、さまざまな分野で活躍する先輩にインタビューを行い、その内容を掲載しています。

【先輩達へのインタビュー】

   古屋貴恵氏(ろう学校・教諭)
   畠山修氏(専門学校・教員)NEW
   石川友正氏(IT企業・システム担当)
   芳賀裕美氏(特別支援学校・教諭)
   福島太郎氏(ろうあ者相談員・札幌聴覚障害者協会理事)
   米谷美津子氏(銀行・小樽ろうあ協会)
   山本恵理氏(印刷会社・札幌聴覚障害協会)
   河村明香音氏(旅行会社・札幌聴覚障害者協会)

※empowermentのカタカナ表記には、「エンパーワメント」「エンパワメント」などいくつかの種類がありますが、ここでは後者を使用しています。
※※本コンテンツの作成には、こちらの方々にご協力いただきました。NEW


↑ このページの先頭に戻る



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学