2012年度天龍祭トップ

更新履歴

11月14日:学園祭終了の挨拶を掲載
10月4日:スポンサー、企画を修正、企画ページにアイコンタクトの案内PDF追加、アクセスに臨時循環バス時刻表掲載
9月20日:企画の模擬店、相互リンクを追加
8月14日:スポンサー、企画、スケジュールを更新
7月23日:リンク集を更新、スケジュールを修正
7月19日:ブログ、ツイッター、アクセス、スケジュール、企画、リンク集、本学学長・天丘会会長・学園祭実行委員長あいさつを更新
5月27日:サイトオープン

2012年天龍祭は終了致しました


寒さがひとしお身にしみるころとなりました。 10/20(土)・21(日)に筑波技術大学天久保キャンパスで天龍祭が開催されました。 1日目の「第21回デフリンピックに出場した女子サッカーチームの活躍を描いた映画『アイコンタクト』の上映会」、 2日目の「庄崎さんによる手話パフォーマンス」、手話コーラス、ダンス、クイズ大会等の催しに去年より多くのお客様が参加し、 盛り上がりました。 また、筑波技術大学についてさらに深く理解できたのではないかと思います。 天龍祭実行委員会(FTG)の私たちは、学園祭が無事に終了し、成功できたことやお客様の笑顔が印象に残り、 本当に学園祭を開催してよかったと思います。 学園祭に来ていただいたお客様からの声をもとに来年の学園祭をより良くしていきたいと考えています。 学園祭に来ていただいた皆様、多数のご協賛していただいた周辺の企業・個人の皆様、本当にありがとうございました。

概要

天龍祭 とは、筑波技術大学産業技術学部で行われる学園祭の名称です。 由来は、「天久保キャンパス」の「天」、「聾唖」の「聾」より「龍」の二つを合わせ、「天龍祭」と名付けられました。 毎年10月から11月にかけて、前学生、教職員が企画・参加し、学内外の協力のもとに開催されております。
今年度の天龍祭は10月20日(土)、21日(日)に開催します!

ブログ、ツイッターについて

天龍祭では、最新の更新情報をブログツイッターでお届けします。 また、天龍祭について何か不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。

あいさつ

筑波技術大学 学長 村上芳則

 筑波技術大学産業技術学部の学園祭「天龍祭」が、学生の皆さんの団結と努力によって準備され、開催されることを心から嬉しく思います。
 「飛龍乗雲-KIZUNA-」のテーマのもとで企画・準備された学園祭に、多くの人々が集う中で、学園祭のすばらしさを伝えるだけでなく、人々が忘れかけているものを思いだし、共有できる学園祭となることでしょう。
 本学は今年、開学25周年を迎えました。これまでに1503名の卒業生が社会に巣立っています。この25周年の節目の学園祭が、学生の皆さんや卒業生、来場者、教職員にとって、新たな絆をつなぎ、また再確認する場になることを願っています。

天丘会 会長 高橋 真里

 筑波技術大学産業技術学部学園祭の開催、まことにおめでとうございます。元気でパワフルな学園祭になりますように!
 学園祭には、卒業生も多く遊びにきます。あちこちでにぎやかな手話の花が咲くことでしょう。いつも以上に、あちこちでにぎやかな手話での会話が交わされることが、学園祭の隠れた魅力だと思っています。
 今年度も学園祭が成功しますよう天丘会一同祈っています。

学園祭実行委員長 藤田 康平

 学園祭実行委員長の藤田康平です。この度、10/20,21に筑波技術大学において学園祭を開くことになりました。学園祭の名前は天龍祭。学園祭の行われる場所、天久保キャンパスから天。耳が聞こえない、すなわち聾。その聾のシンボルから龍。これらを掛け合わせて天龍祭と致しました。また、今年のテーマは飛龍乗雲-KIZUNA-です。この言葉は、「飛龍雲に乗る」と訓読します。 お客様を龍に例え、天龍祭という雲の上でお客様が絆を紡いで欲しい、と私たち学園祭実行委員会は願っています。
 今年もお客様に楽しんで貰えられるよう、準備して参りますので是非ご参加下さい。
 今年の企画は、アイコンタクトの上映、庄崎さんによる手話パフォーマンスを筆頭に、ソウルインプレッションのダンスショー、手話コーラスなどがあります。
 よろしくお願い致します。