ここから本文です

携帯電話を活用した聴覚障がい者向け
『モバイル型遠隔情報保障システム』

 「パソコンを持ち運ばなくても気軽に情報保障を受けたいな」、「情報保障を使いたいけど、周りに人がいるのは嫌だな」、「情報保障をしてあげたいけれど、システムが複雑でよく分からない」・・・など、今までの情報保障で起こっていた悩みや問題を少しでも解決するために、今回、私たちは『モバイル型遠隔情報保障システム』を提案、構築しました。そして更にその効果を確認し、より良いものへと近づけてゆくための導入実験を行うプロジェクトを立ち上げました。

 このプロジェクトは、国立大学法人 筑波技術大学を代表として、ソフトバンクモバイル株式会社、NPO法人 長野サマライズ・センター、国立大学法人 群馬大学、国立大学法人 東京大学先端科学技術研究センターそしてMCC HubneTの6者が協力し、2009年3月から始まりました。この報告では、2009年3月から2010年3月の間に実施した様々な導入実験の結果を、事例なども含めて分かりやすくまとめました。

 本プロジェクトで提案したシステムは、構成がとてもシンプルで利用者側に必要な機材は、次の2つのみです。1つ目は、「話者の音声を即座に字幕化する方々へ送信するための通話機能」と、そして「字幕を受信・表示するための機能」の2役を同時に兼ねる1台の携帯電話です。そして2つ目は、話者の音声を取得するためのマイクロホンです。共にとても小型ですので、2つの機材を合わせても、とてもコンパクトです。これらの機材の操作には多少の使用経験は必要ですが、慣れれば技術的なサポートをするスタッフも不要となり、人的なコストも最小限に抑えられます。

 2010年3月までの導入実験では、企業や教育機関など、実際に使用が想定される環境下において、100回以上の導入実験を実施することができました。体験していただいた聴覚に障がいのある方々や情報保障者に対するヒアリングやアンケートによって、この報告をまとめることができました。

 是非ご一読頂き、『モバイル型遠隔情報保障システム』が情報保障手段の1つのツールとして広まること、そして情報保障にご興味のある方々に対する何らかのヒントになることを願っています。

 イラスト 観光地イラスト 入力者イラスト バス移動

*SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
*Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhoneおよびSafariはApple Inc.の商標です。
*iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
*Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

本文はここまでです

ここからページ一覧です

ページ一覧はここまでです

フューチャードカウンター